エアライン

ランプ業務、旅客、バゲージ搭載、キャビンクリーニング、貨物、ケータリング、給油など
チームを繋ぎ、オンタイムでフライトを飛ばしましょう
ブロックインからアウトまで、メンバー一人一人は重要な業務を行っています。エアラインの職員であろうと、グラハンの社員であろうと、Springshotは安全性と定時性を向上させる為、それぞれのメンバー通しのコラボレーションを促します。
aviation front
こんにちは!私はレジャー航空で業務責任者として働くMichael Greenと申します。
Michael Green, 業務責任者

それぞれの業務管理

毎日デスクへ着くと、まずはSpringshotにログインし、フライトに対して適切にチームがアサインされていることを確認します。

1日を通して、それぞれの業務の進捗状況を把握し、問題が発生している業務には連絡を取ります。ウェブアプリケーションとアプリのおかげでデスクで業務をしたり、オペレーションのヘルプを行ったりと柔軟に業務を行うことができています。

メンテナンスをリクエスト

今日はクリーニングがスポットN16のフライトでシートベルトの破損の確認したようです。

モバイル端末を通して、シートベルトの破損を記録すると、フライトの担当整備士が問題の発生を確認します。その後、シートベルトの修復を行い、端末を通して報告しました。ゲート担当者であるHelen Reynoldsさんはその報告を確認し、定刻で搭乗を開始することができました。

突発的な業務の対応

Helenが搭乗を開始すると間も無く、車いすを機内までご利用するお客様がいることに気が付きました。

すぐにSpringshotのモバイルアプリを起動し、車椅子の業務を作成しました。車椅子の業務をTopFlightAviationに委託しており、車椅子業務が発生したことを確認すると、委託先がメンバーをアサインしました。

システム連動 & コミュニケーション

10分後、PBP内に設置されたカメラが機内に入り切らない可能性のある持ち込み荷物を報告しました。 

報告により、Helenと当該フライトのパーサーである、Dory Fisherさんにバゲージの確認及び登録の通知が行われました。数分後、ランプにいるバゲージ搭載担当のRoger Brettがバゲージ準備完了の連絡をスマートウォッチで受けました。これによりRogerさんはPBBの階段を上り、無駄な待ち時間なく、バゲージを回収できました。後にメッセージにはHelenからありがとうの絵文字が来ていたことは見逃せません。

1つのフライトに関わるチーム全員が積極的にコミュニケーションを取り、オンタイムでフライトをブロックアウトできました。あとでチームにありがとうの気持ちをSpringshotで送っておこうかと思います!

page-wave-white_1
ja日本語
en_USEnglish es_ESEspañol ja日本語